2015年03月02日

2015年1月18日 DSN座談会 【同志社ラグビーを振り返る A】

DSN座談会 【同志社ラグビーを振り返る @】 はこちら

20141115kyousan.jpg

司会 「 ボールを大きく展開して、振り回すことで相手のディフェンスを薄くし、大きな穴を作るのが今のシステムだと理解していますが、今年はライン・ブレイクが少なく、ブレイクしてもなかなかトライにつながらなかったというお話です。
システムはライン・ブレイクする確率を上げ、トライを増やすためにあるものなので、要するにそのシステムがうまく機能しなかったということですね。 確かに目指す形で取ったトライは少なかったように思います。 」

  「 アタック・ラインが端から端まで広がっていますから、ライン・ブレイクしてもラックになるとポイント(*ポイント=ラックの地点)までの距離がありますね。ボールキャリアーが捕まった後、立って我慢するか、足をかいて押し込まないと、後続のフォローが遅れてしまいます。 やって楽しい、見て楽しいのは展開ラグビーだということで、ここ数年の同志社は展開ラグビーで来ましたが、やはりチームの状況に合う合わないはあると思いますし、対戦相手とのかね合いもあると思います。昨年は展開ラグビーに縛られすぎているようにも感じました。 」

司会 「 Bさんが最初に仰った 『 システム自体は悪くない 』 は私もその通りだと思います。 ただ、今のお話はシステム自体が悪くなくても、果たしてそれが今いる選手の能力を最大限に活かせているのか、つまりトライの確率を上げるベストの選択肢なのかというお話でしょうか。 」
続きを読む
posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2015年03月01日

2015年1月18日 DSN座談会 【同志社ラグビーを振り返る @】

20141005tenrii.jpg

こんにちは、Dサポートネットワークです。

私たちが活動を始めてから4年が過ぎ、この間同志社大学ラグビー部は大平、西田、西林、秋山、田淵各主将の代に受け継がれ、3名の監督が強化に努めて来られました。 
学生ラグビー界に目を向けますと帝京大学が2連覇から前人未到の6連覇を重ね、筑波大学や東海大学などが帝京に続く強豪チームへと変貌を遂げています。 
また、同志社大学では文系学部の今出川キャンパス回帰が始まり、環境面でラグビー部への影響が生まれています。 
4年と言えば一般的な大学生が卒業までに過ごす期間ですが、そんな短い中にも様々な変化を見てきたような気がします。

こうしたなか、
「 一度これまでの活動を振り返り、それを踏まえて今後のことを考えよう 」

大学選手権敗退を受けて、こんな声がメンバーの間で上がりました。 
続けて 「 ちょうど好い機会だから、議論の内容をネットで一般に公開してみては? 」 という声も上がりました。 
振り返れば確かに、これまでDSNの活動をすべてオープンにしたことはありません。 また、DSNは環境の変化に対応できているのか。 それを立ち止まって考えるのは大切なことです。

1月18日、仲間が集まり語り合いました。

数回に渡りその内容をお伝えします。
今、私たちメンバーが同志社ラグビーをどのように感じ、これからをどう歩もうとしているのか。 ザックリですが、春シーズンを前にお伝えできればと思います。
続きを読む
posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題