2011年09月18日

9月10日(土)近畿大vsNTTドコモ

情報収集チームの一人が、NTTドコモと対戦する近畿大学の偵察に行ってきました。
その観戦記をご紹介します。

ドコモ南港Gに近大の試合を見に行ってきました。

近大は、摂南大の津留君と都島工で同期の副将星本君が、春の試合の途中から長期欠場中。
去年も彼が関西リーグではFLとしてボール争奪の所では、関西3位の原動力になった選手です。
試合経過はドコモHP、近大HPに載っているので省きます。

近大ラインアウト
FLF、LODがジャンパーでしたが、安定はしてませんでした。

近大スクラム
再三コラプシングの反則をとられてました。
同志社PRB北川君の強さでスクラムから崩せるかも(ドコモBのFWと同志社FWの差を差し引いても)

近大モール攻撃
近大が後半攻めている時間帯で試みていましたが、
着地してモール成立の前に1人目が引き倒されラックにされ何回かサイドを突いてるうちに、
ノックオンやターンオーバーされてました。

試合全体を通して、ドコモに対してFW劣勢でキックでは蹴り負け、
ドコモのノックオン多発でマイボールスクラムになってもセット安定せずで、
あまり良さは見えなかったです。
BK展開の中で1回裏に出た場面がありましたが、
同志社OBの才口君のカバーディフェンスに止められていました。

今日欠場のFL星本君、WTB島君あたりが同志社にとって注意すべき選手かなと思いました。
そのほかは去年より戦力ダウンの印象でした。

そうそう、ドコモの同志社OB川端君、相変わらず当たりの強さを見せていました。
以上素人目線の感想です。

posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47858535
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック