2015年05月27日

2015年1月18日 DSN座談会 【DSNの活動について B】

DSN座談会 【DSNの活動について @】 はこちら
DSN座談会 【DSNの活動について A】 はこちら

hino.jpg

<DSN特集・今日の学生さん>

司会 「 DさんはDSN特集として、 『 今日の学生さん 』 を一年間に渡って企画取材されました。 大変なご苦労があったと思いますが、振り返ってみていかがでしたか。 」

  「 皆さんお気付きだと思いますが、同志社アトムの特集である 『 今日のおっちゃん 』 にヒントを得た企画でした。 伝統校と言われるだけあって、同志社ファンには長年応援されている年配の方々が多いように思います。 どちらかと言えばそちらに近い私としては 『 今日のおっちゃん 』 の話には新鮮味がなく、ラグビー部としても若いファンを増やしたいと考えておられるものですから、 『 今日の学生さん 』 が少しでもそのきっかけにならないかと思って始めました。
また、競技場でたまたま高校生や大学生が近くにいますと、とても楽しい会話が聴こえてくるんですね。 『 すげ〜な〜、あれ、うちの◯◯にはできないな 』 とか 『 お〜そうきたか、うまいな〜 』 とか 『 あのジャージ、ウチのと似てるけどこの方がかっこいいな 』 とかが聴こえてくるわけです。 彼らはしきりにプレーに感心したり、自分の話題に重ねて応援しているんですが、そういう若い人たちからだと 『 今日のおっちゃん 』 とはひと味違う感想を聞けるような気がしますので、純粋にインタビューしてみたくて始めたところもありました。 」

続きを読む
posted by DSN at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2015年1月18日 DSN座談会 【DSNの活動について A】

DSN座談会 【DSNの活動について @】 はこちら

kamaike.jpg

<動 画>

司会 「 それでは、動画コンテンツに進みましょう。 Aさん、よろしくおねがいします。 」

  「 SigunianチャンネルDSNチャンネルの2つがDSNの動画コンテンツです。
まず、7年前の2007年9月から、全く個人的にSigunianチャンネルとして動画を配信していました。 チャンネルにも書きましたが、2007年、あの事件があり、起こしてしまったことには弁解の余地はないにしても、事件に便乗した誹謗中傷や、無理解、誤解は目に余るものがあり、何より選手たちが不憫で、何らかの形で支援ができないかと考え、始めたのがこのチャンネルでした。
その後、4年半前にDSNがスタートし、試合のダイジェストをDSNチャンネルで配信するようになり、Sigunianチャンネルでは年度ごとの総集編を作って見ていただくチャンネルとしました。 」

司会 「 DSNスタートから4年、DSNチャンネルでA、B、Cなどのチームのカテゴリーに関係なく、また天候にも左右されず、Aさんは時間が許す限り撮り続けてこられました。 正直なところ、 『 なぜ、この人はここまでするんだろう? 』 という疑問があり、一度お尋ねしてみたいと思っていました。 」

続きを読む
posted by DSN at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2015年1月18日 DSN座談会 【DSNの活動について @】

DSN座談会・第2弾「DSNの活動について」をお届けします。
昨年度大学選手権後に行われた「座談会」では厳しい意見も出ましたが、この春のラグビー部の選手達、指導陣の頑張りには、新たな期待が膨らみます!
紺グレの花が、いよいよ大きく開くことを祈りつつ・・・。
*******************************************************
maekawa_2.png

司会 「 DSN活動レビューメモ に従って話を進めたいと思いますので、ご覧下さい。
まず最初の 『 HEADLINES(ヘッドライン) 』 ですが、これは情報プラットフォームの心臓部、ターミナル駅や空港で言えば発着案内板のようなものです。 主にインターネット上にある同志社関連情報が集約されていて、単なるホームページの更新履歴ではありません。 地道に情報を拾っていただく過程では、例えば掲載基準、情報の取捨選択の難しさなどがあったことと思います。 」

<HEADLINES(ヘッドライン)>

  「 掲載基準は一応決めていて、以前の会議に出したものだと13項目もあります。(笑) 観戦記などの情報を紹介したり転記したりと、できるだけ客観的に集める努力をしたつもりですが、それでもおそらく、私自身の好みが反映されているんじゃないかと思います。
以前、ある掲示板のコメントで 『 ファンクラブはラグビー部のために、DSNはファンのために活動している 』 と見かけ、そう評価してくださるのを有難いと思う一方で、 『 少し違うんだけどなあ 』 とも思いました。
同志社ラグビーは注目度が高いからでしょうか、掲示板メディアなどでは様々な批判や主張が書かれます。ところが、それらの多くは不確かな情報や単なる思い込みが根拠になっていて、そのコメントがさらに別の不確かな批判や主張を醸造する面があると思ってきました。
ファンが勝手に想像するのは仕方ないかもしれませんが、例えばクラブ運営から離れているOBの方と話したら、ある掲示板の論調と全く同じだったという話を聞いた事もあります。 
大げさな言い方かもしれませんが、同志社を取り巻く大きな期待や願望の中で、当のラグビー部の姿がかき消されてしまっているように見えました。 ラグビー部の等身大の 『 今 』 が私達部外者にも見えるようにするにはどうすれば良いのか。 私の担当はホームページの更新でしたので、 『 客観的な情報をできるだけ広く集めることだ 』 と思ってヘッドラインを始めました。 」

続きを読む
posted by DSN at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2015年03月02日

2015年1月18日 DSN座談会 【同志社ラグビーを振り返る A】

DSN座談会 【同志社ラグビーを振り返る @】 はこちら

20141115kyousan.jpg

司会 「 ボールを大きく展開して、振り回すことで相手のディフェンスを薄くし、大きな穴を作るのが今のシステムだと理解していますが、今年はライン・ブレイクが少なく、ブレイクしてもなかなかトライにつながらなかったというお話です。
システムはライン・ブレイクする確率を上げ、トライを増やすためにあるものなので、要するにそのシステムがうまく機能しなかったということですね。 確かに目指す形で取ったトライは少なかったように思います。 」

  「 アタック・ラインが端から端まで広がっていますから、ライン・ブレイクしてもラックになるとポイント(*ポイント=ラックの地点)までの距離がありますね。ボールキャリアーが捕まった後、立って我慢するか、足をかいて押し込まないと、後続のフォローが遅れてしまいます。 やって楽しい、見て楽しいのは展開ラグビーだということで、ここ数年の同志社は展開ラグビーで来ましたが、やはりチームの状況に合う合わないはあると思いますし、対戦相手とのかね合いもあると思います。昨年は展開ラグビーに縛られすぎているようにも感じました。 」

司会 「 Bさんが最初に仰った 『 システム自体は悪くない 』 は私もその通りだと思います。 ただ、今のお話はシステム自体が悪くなくても、果たしてそれが今いる選手の能力を最大限に活かせているのか、つまりトライの確率を上げるベストの選択肢なのかというお話でしょうか。 」
続きを読む
posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2015年03月01日

2015年1月18日 DSN座談会 【同志社ラグビーを振り返る @】

20141005tenrii.jpg

こんにちは、Dサポートネットワークです。

私たちが活動を始めてから4年が過ぎ、この間同志社大学ラグビー部は大平、西田、西林、秋山、田淵各主将の代に受け継がれ、3名の監督が強化に努めて来られました。 
学生ラグビー界に目を向けますと帝京大学が2連覇から前人未到の6連覇を重ね、筑波大学や東海大学などが帝京に続く強豪チームへと変貌を遂げています。 
また、同志社大学では文系学部の今出川キャンパス回帰が始まり、環境面でラグビー部への影響が生まれています。 
4年と言えば一般的な大学生が卒業までに過ごす期間ですが、そんな短い中にも様々な変化を見てきたような気がします。

こうしたなか、
「 一度これまでの活動を振り返り、それを踏まえて今後のことを考えよう 」

大学選手権敗退を受けて、こんな声がメンバーの間で上がりました。 
続けて 「 ちょうど好い機会だから、議論の内容をネットで一般に公開してみては? 」 という声も上がりました。 
振り返れば確かに、これまでDSNの活動をすべてオープンにしたことはありません。 また、DSNは環境の変化に対応できているのか。 それを立ち止まって考えるのは大切なことです。

1月18日、仲間が集まり語り合いました。

数回に渡りその内容をお伝えします。
今、私たちメンバーが同志社ラグビーをどのように感じ、これからをどう歩もうとしているのか。 ザックリですが、春シーズンを前にお伝えできればと思います。
続きを読む
posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2012年09月26日

ジュニアリーグを応援しよう!

jr_3.jpg

いよいよシーズン開幕です。
まずはジュニア、コルツで勝って勢いをつけたいところでしたが、昨年ジュニア優勝の関学の壁を打ち破ることはできませんでした。
しかし、去年5位の同志社にとって全試合が挑戦の舞台です。リーグ戦の中で成長していくチームを応援していきたいと思います。

昨年来、DSNはジュニアリーグに注目してきましたが、今一度ジュニアリーグの歴史を振り替えり、その意義を再確認してみたいと思います。
続きを読む
posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2011年12月25日

もう1試合やらせてあげるために

この日がとうとう来てしまいました。
同志社大学ラグビー部は本日25日秩父宮ラグビー場で、
学生ラグビー最高のチーム帝京大学を相手に、
大学選手権2回戦の晴れ舞台、死闘の主役を演じます。
続きを読む
posted by DSN at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2011年10月11日

DSNはジュニアリーグに注目していきます!

温故知新チームが掘り起こしている歴史によると、関西ジュニアリーグはまず1979年、関西協会の中に「大学委員会(岡仁詩委員長)」が設置され、そこでの議論を踏まえて1980年辺りから実施されたようだ。試合機会の少ない、いわゆる「二本目」「Bチーム」の選手たちに公式戦の経験を積ませることで彼らを強化し、それをいわゆる「一本目」「Aチーム」の強化、さらに関西リーグ全体の強化、活性化へと発展させるのが目的だったという。
続きを読む
posted by DSN at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2011年09月25日

関西リーグ開幕

今年も関西リーグの開幕、おめでとうございます。
続きを読む
posted by DSN at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題